ベトナム進出支援
ベトナムホーチミン法人設立・ライセンスの取得

スタートアップ支援
進出相談会開催中

ベトナム進出支援 法人設立・ライセンス取得&スタートアップ支援
設立だけでなく開業までに準備すべきことまでサポート

弊社のベトナム進出支援は、会社が設立された際に、運営の準備も進んでいることを目指した支援を行っております。
ベトナムに来られる予定のご担当者が、会社の運営経験が豊富な方の場合もあれば、営業が専門の方、技術が専門の方など企業様によって異なるかと思います。
弊社では、会社の設立(企業ライセンス、投資ライセンスの取得)だけでなく、ご担当者様に設立後の人事、労務、会計などの会社運営のルールの全体像をまず掴んで頂き、設立後に備えて準備すべきこともアドバイス、サポートする少し質の高い進出コンサルティングをご提供しており大変好評を頂いております。

ベトナムは法の整備を急いでおり、会社設立だけでなくあらゆる分野で起きていますが、特長とも言えるのが、法の運用は各省庁が決定することも多く、法改正がなくても法の運用が急遽変更されることがあり、場合によっては今日から変更といったこともあります。

とは言え、これまで外資で取得できなかったライセンスの取得ができるようになったり、外資100%で進出ができるようになったりと、ようやくベトナムも進出しやすい環境になり始めてきております。
また、国としての方針もあり、会社設立の期間がずいぶんと短くなってきている点も良くなったところです。

 

実績豊富な日本人と法の運用に強い弁護士が担当
実務経験豊富な会計資格者もサポート 

これまで様々な企業様の進出案件に取り組んできた実績豊富な日本人コンサルタント、弁護士、会計資格者でサポートしております。
実務経験豊富な弁護士と会計資格者は、法律の説明だけでなく、実務面のアドバイスも行っております。

設立申請期間中には、ベトナム法務、ベトナム会計、外国人とベトナム人の給与や人事労務全般等、当局への報告書などの基礎知識をご説明させて頂き、設立後に会社運営を行う上ですべき準備もアドバイスを行っております。

これまで医療・飲食・小売、卸商社・学校・電機メーカー・不動産・機械メーカー・コンサルティング・人材・スポーツジム・衣料メーカー・食品加工・建材メーカー・建築・美容・理容・ITなどなど幅広い業界の企業様の支援を150社超行ってきております。

 


まずは進出相談会でお話をお伺いさせてください

進出をご検討されているお客様は、是非無料進出相談会をご利用下さい。
進出時の会社設立、ライセンスについて、設立後に何を行なわなければならないかを調べるのはなかなか大変です。
また、不動産会社、会計事務所、人材会社など各専門家ごとに相談していく際に起きる、一貫性のないアドバイスは余計な時間やコストを消費することもあります。
弊社の面談では、会社設立、ライセンスから進出後にやることまで全体像を掴んで頂き、ベトナムのビジネス環境、外資規制、会社運営のルール、落とし穴注意点など最新の法律と現場対応を基にお役に立つ情報のご提供までさせて頂いております。


現地法人設立の流れ

Step1進出相談会
進出相談会では、まずはどのような事業を行いたいのか、いつ頃から開始したいのかお伺いさせてください。

最適な進め方をご提案させて頂きます。

Step2オフィスの契約
進出手続きにはオフィスの契約が必要になります。

設立申請書に設立会社の住所を記載しなければならなく、また申請の際にはオフィスとの賃貸契約書が必要になります。

Step3申請必要書類の取得と外務省認証作業、書類のベトナム語翻訳、申請書の作成
申請時に必要な親会社の全部事項証明を取得して定款と一緒にお送り頂きます。

頂きましたらベトナム語翻訳致します。
親会社が日本の場合、日本でこの2つを外務省認証を行って頂きます。
その後ベトナム外務省での認証、ベトナム語翻訳公証を行うことでこの2つの書類はベトナムで利用できるようになります。
翻訳と書類作成で約3週間程度かかります。

Step4設立申請
作成した申請書類13種類に親会社代表者、現地代表者になられる方のサインと本社の社判を押して頂き申請致します。

Step5投資ライセンスの取得(IRC)
まずは投資ライセンスを申請、取得します。

Step6企業ライセンスの取得(ERC)
投資ライセンス取得後に企業ライセンスを申請、取得します。

Step7印鑑の作成、登録
企業ライセンス取得後に会社の印鑑を作成致します。

どの書類にもサインと会社の印鑑を行うことになります。

Step8銀行口座の開設
資本金口座と経常口座を作成します。

作成の後まずは資本金口座に資本金を振り込みます。
その後経常口座に資金を移動させます。

Step9事業ライセンス税の支払い
事業ライセンス税を税務署に支払います。

Step10スタッフへの引き継ぎ
ここからは弊社もサポートしながら各初期設定を行うことになります。

入社されたスタッフの方に状況をお伝えして引き継ぎも行います。


外資企業の会社設立必要書類

-親会社の登記簿謄本全部事項証明書
-親会社の定款
-親会社の代表者様のパスポート(ベトナム外務省の認証又はベトナム機関で公証)
-現地法人の代表者になられる方のパスポート(ベトナム外務省の認証又はベトナム機関で公証)
-銀行残高証明(設立会社の資本金以上あることが確認できるもので、銀行印があるもの)
-オフィス賃貸契約書もしくは予約書(ベトナム機関で公証)
-親会社の会社案内(申請書作成に利用)
-売上予測、スタッフ雇用数予測(申請書作成に必要)
-実績証明(業種により取引伝票の写しなどが必要になる場合があります)
※法人設立の際は、2期分の決算書は必要なくなりました。
※全部事項証明、定款は、進出親会社が日本の場合は日本外務省認証を行って頂きます。
香港、シンガポール、タイの場合は裁判所で公証後、それぞれの国のベトナム大使館で認証をして頂きます。

 

 

 


相談する

ベトナム国内から028 3827 5068
日本・海外から +84(0)28 3827 5068